2008-05-05

Vaio TypeUのWOL

うちで、ほとんど出番がなくなってしまった、Vaio VGN-U70P TypeUをリモートアクセス用PCとして、復活させることにしました。

WOLからのリモートアクセスができずに、いろいろ四苦八苦しましたが、やっと設定出しできました。

①デバイスマネージャーからNICのプロパティを開いて、以下の設定
 詳細設定のタブで、"PMEをオンにする"をオン 詳細設定のタブで、"Wake On Link 設定"をオン
 詳細設定のタブで、"Wake On 設定"をWake On Magic Packetにする
 電源管理のタブで、"このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする"のチェックを入れる

②電源オプションから、以下の設定
 休止状態のタブで、"休止状態を有効にする"のチェックを外す

③リモートデスクトップからスタンバイ状態にする為に、適当なbatファイルに以下のコマンドを記入
 C:\WINDOWS\System32\rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState

ただし、この状態だと3分程度のアイドル時間で、また、強制的にスタンバイに戻される。
セキュリティ的にはこの方がいいかもしれないが、また、一からMagic Packetを投げつけないといけないので、少々面倒だ。

グループ ポリシー(gpedit.msc)の、[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[ターミナル サービス]-[セッション]でリモートデスクトップのセッション時間を設定できるようなので、今度やってみよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿