2009-02-01

New PC

新年早々にPCを1台組みました。
正月中、どんな仕様のPCを作るのか、非常に悩みましたが、当初の予定でしたハイバーバイザーによる仮想化よりも、VirtualBoxなどを使って、様々なOSをより簡単に構築・テストができるPCにしようと決めました。あとは、REGZAに繋いで、リモコンなんかを使って簡単に音楽や動画を見れるようにしたい。
なんで、今回のPCの仕様をざっとまとめると、

・VirtualBoxを使って、複数のOSを同時に起動させておきたい
・REGZAとHDMI接続して、リモコンで動画や音楽を鑑賞したい

と言うことで、仕様的には
VirtualBoxはIntelよりもAMDの方が相性がいいらしいので、AMD Quadコアをチョイス。
メモリはできる限りたくさん認識させたい、かつWindows Media Center専用リモコンを使いたいので、OSはWindows Vista Ultimate 64bitをチョイスケースはできる限り静音で、場所を取らないものにしたかったので、Shuttle製のベアボーンをチョイス

と言うことで、新年早々、日本橋に行ってきて、以下のものを購入。

Case : Shuttle SN78SH7
CPU : AMD Phenom 9350e
Memory : DDR2 800 PC6400 4GB (2GB×2)
Disk : Hitachi HDT721010SLA360 SATA
DVD-ROM : Ootiarc DVD RW AD-7200A
リモコン : I-O DATA Windows Media Center専用リモコン
OS1 : Windows Vista Ultimate 64bit
OS2 : Windows XP Professional 32bit

OS代だけでも、結構するんですが・・・

今回はベアボーンなので、OSインストール込みでも、2時間程度で組めました。

その後、64bit OSにびくびくしながらも、以下のソフトをインストール
Sun xVM VirtualBox VirtualBox-2.1.0-41146-Win_amd64
コーデック VistaCodecs_v507 x64Components_v160
Lhaplus lpls157sakura_2005-11-27_x64_with_regexp

当初は、このPCを24時間稼動させるつもりでしたが、Vistaのスリープ機能を使うと、わざわざVirtualBoxで起動したOSを落とさなくても、システムを休止することができます。

ただ、ここで一点問題がありました。スリープ解除の為に、Wake On LANからOSを復帰させたったのですが、これがどうやってもうまくいかない。。。
結局、1週間ほどいろいろってみたが、どうやら以下の問題らしい

http://support.microsoft.com/kb/944977/ja
Windows Vista で “Hybrid Sleep” 状態のコンピュータに Wake On LAN 機能を実施しても復帰しない
うーん、これは完全にハードの仕様だよなぁ・・・

と言うわけで、できる限り増設はしたくなかったのですが、NICを一枚購入しました。
PCI : PCI GN-1200TW2 Gigabit Ethernet NIC
新しいNICで試してみたら、あっさりとWake On LANで起動
NICとWake On LANにもいろいろ相性があるのね。。。





これで、いろいろ検証してみましたが、概ね順調に動いてくれて、満足な結果となりました
ただ、若干不満点が・・

・メモリがもっと欲しい
VirtualBoxでOSを4つも立ち上げたら、メモリがぜんぜん足りません。
(ベアボーンの仕様でこれ以上は増やせられないんだが。。)
・64bit Internet Explorerがサイトによっては未対応
会社のSSL-VPNが張れません。
VirtualBoxのシームレスモードかリモートディスプレイを使って、気合で乗り切るしか・・
・Vistaが使いにくい



Solaris10 , Windows XP , Windows 7 , Windows 2008 R2を起動したらメモリが足りません


あと、Windows Vistaの構築時のメモ

●スリープ機能の制御
デバイスマネージャ → HID キーボードデバイス → 電源の管理
  このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする OFF
デバイスマネージャ → マウスとそのほかのポインティング デバイス → HID 準拠マウス
  このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする OFF
デバイスマネージャ → ネットワークアダプタ → Networking Controller
  電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする ON
  このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする ON


●メニュー表示を速く
\HKEY_CURRENT_USER\Control Panale\DesktopMenuShowDelay 400 → 0


●構築時のユーザー アカウント制御(UAC)のオフ
コントロールパネル → ユーザ アカウント → ユーザアカウント制御の有効化または無効化 → ユーザー アカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる OFF

●リモートデスクトップのポート番号の変更
HKEY_LOCAL_MACHINE 中の \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp キー名前:PortNumber種類:DWORDデータ:3389(10進数)

●Windows vista sleepモード コマンド
rundll32.exe powrprof.dll,SetSuspendState Sleep

●ファイル表示の変更
表示 → 詳細表示の設定 列の幅等を変更

0 件のコメント:

コメントを投稿