2010-01-19

Linux on USB Memory


さて、新しいVAIOを買ったのには、
もう一つ理由があります。

実はUSBメモリーにLinuxを入れて、
お勉強したかったのだ。

最近はすっかり、Windows 7 RCばかり触っていて、
Linuxがかなり疎かになってました。

USBメモリーに入れたLinuxをダイエットさせて、
パッと起動してくれて、さく~さく~とブラウジングなんてできたら、
すごく便利なんじゃないかと


まぁ、ネットブックに入れるので、
ドライバー周りで少し難儀しながらも、Linuxがお勉強できるのではないかと、
思っていました。


とりあえず、無難にUbuntuからやってみました。


ネット上の情報から、USBメモリーにデータをのっけて、
いざ起動してみると・・・・。








あっさり起動。。。。( ´゚д゚`)







ブラウジングも、リモートデスクトップも無線も、何の問題もなく動作。
CLIのCの文字も使いませんでした・・・・


最近のLinuxってすごいのね・・・


つ、つまらん。。。


なぜか、逆にテンションが下がる・・・・(´・ω・`)ショボーン


これだと、面白くないので、
何かと最近お騒がせのgoogle Chrome OSでも入れてみますか。


最近の日経Linuxでも特集されてましたしね。


とりあえず、日経Linuxの記事の通りに、
ソースからUSBにOSを入れてみようかと思ったのですが・・・・

ネットで調べてみると、
ChromiumOS ZERO
というのがあって、既にUSBブートできるようにChromiumOSをimg化されているみたい・・・

また、ショートカットしてしまったが、
とりあえず入れてみよう。









おぉ、すごくシンプルでしぶい!!(≧∇≦)b








OSの起動時間もUSBなのにすごく速い!!

とりあえず、家庭LANにつないで、ログインしてみると、
おぉ、Chromiumブラウザがちゃんと動きます。


でも・・・・・

う~ん、すごく重い・・・( >Д<;)オモ-

3分ほど使うと、画面が固まるし・・・・


でも、google好きな自分にとっては、
かなりいいかも。


日本語化の情報なども載っているし、
ちょっとこれで遊んでみようかね




0 件のコメント:

コメントを投稿