2010-05-29

焦げた・・・・・

その日は、何かずっと香ばしいというか焦げたにおいがずっとしてたんです。。。

ちょうど、その時もNASにアクセスしてたんです。

何か、急にcifsにアクセスできなくなって、
ハット気がついたら、NASの電源が落ちている!!Σ(゚Д゚ υ)

電源ボタンを入れなおしても、
ウンともスンとも言わない。。。。

この前、Diskを増設したばっかりで、
うちの機器の中でも特に壊れてはいけない一品・・・・。

30秒ほどボーゼンとした後、
取り合えず、NASを分解してみました。

すると、、、、電源部分がやたらと熱い・・・・。

















上から見ると分かり難いが・・・


















裏を見ると、あぁ・・・、完全に焦げてるね・・・

実は、自分が使っているReadyNASというのは、
当初から電源部分が曰く付きで、焦げるといううわさがたっていたのだが、、、



















電源部をよく見ると、無理やりFANを取り除いた後も見受けられる。
NASは騒音とかでも評価が変わるので、
メーカーのブラックな部分が垣間見える。。。。

しかし、電源部分を分解してみて気づいたのだが、
この機器、電源部分のエアフローにかなり問題があるね。
こんな構造で、今までよく24時間稼動し続けれたもんだと、
逆に関心してしまった・・・・。

調べてみると、やはり同じように電源部分を焦がしているいる方がいたので、
その方のBlogを参考にさせてもらって、即電源をオーダー。

NASが使えない、自分のPC環境って、
かなり辛い・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿