2010-06-14

Solaris10 コンテナ


Solaris10のコンテナをお勉強してきました。

最初は、パッチの管理や、リソースの設定が面倒だなぁと、思っていましたが、
一つの仮想環境を作るのにたいしたDisk容量必要ないし、
ライセンス的にも気にしなくていいので、これはこれで面白いです。

アプリのパッチ適応後の動作確認など、
ゾーンのクローンをさくっと作って確認するなどの使い方が便利じゃないかと。

FirewallやFTP、WebなどをIPの流れを考えて構築すれば、
一つのハードで、セキュアな構成が出来上がるかも。

でも、大量にコンテナを作成すると
管理するのが大変そうだけどね。。。

講習の最後に、思わぬサプライズが・・・・。

















粗品ですと言って、ipod touchもらいました!!

何か、自分で買うよりも、プレゼントでもらう方が何倍もうれしい。

早速、家に帰って試してみましたが、
何か思ったよりも使い勝手悪くて、楽しくないな。。。

1Gはこんなもんなんだろうか・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿